MENU

気になるランドセルブランドの特徴

ランドセル

ランドセルも今や数多くのブランドが展開していますね。

 

ここではランドセルの特徴についてまとめます。

 

まずは大きさです。

 

今のランドセルはA4サイズのファイルが入ることが望ましいとされています。

 

従来のB5版のノートに対応したものだと、このファイルが入れられないのです。

 

勿論、別にバッグを持参する手もありますが、荷物が増えるのはお子さんにとっても好ましくありません。

 

 

 

同時に、ランドセルの重さにも注目です。

 

A4サイズ対応で大型になったことから、重くなったと思われがちですが、逆です。

 

軽いことを売りにしているブランドも数多くあるのです。

 

大きいけど軽いというのが、現在のランドセルの特徴です。

 

比較する際には最低限A4の荷物が入るか、その上で一番軽いところを探しましょう。

 

気になるランドセルの平均価格

昔とは違って、近年はお子様のランドセルも進化し、様々な機能を持ち合わせたものや、デザイン・カラーバリエーションも豊富で、ランドセル選びには大変悩まれますよね。

 

価格もとても高価なものまで多くありますが、ランドセルの平均価格はどれくらいなのか、気になるところです。

 

1日に2,000件を超える訪問のあるランドセル販売サイトの、昨年度の平均購入額は39,540円でした。

 

少子化の影響でより良い物を買い与えたいというご両親の想いから、合皮よりも本革素材を選ぶ方が多く、平均購入額は年々増加傾向にあります。

 

予算のない方は、ランドセルは近年ファッションのように流行が次々と変化していくので、新作よりも型落ちモデルの価値は下がってよりリーズナブルに購入することができます。

 

ランドセル購入時の比較ポイント

現在A4サイズの標準化が進んでいますので、ランドセル選びではA4サイズが普通に入るというのは外せないポイントです。

 

それに加え、大容量でコンパクトであることが望ましいと言えます。

 

ランドセルには教科書や筆箱だけでなく、体操服まで入れることもあります。

 

手持ちにできない分はできるだけランドセルに入れたいということを考慮すると、外見はコンパクトでも収容量の多いタイプを選ぶことが大切です。

 

 

また、子供の目線から見ると色も重要な比較ポイントです。

 

ただし、色の好みは年齢と共に変化しますので、それを考慮して落ちいた色を選ぶ傾向にあります。

 

最近ではパープルや水色といった淡い色彩のランドセルも人気が出ており、人気のカラーは早めに売り切れることが多いので注意が必要です。

 

ランドセルの人気を比較したい時

ランドセルを背負う子どもたち

 

自分の子どもがいよいよ小学生…となった時まずそろえるのが学習机とランドセルですね。

 

学習机は家の中で使うものですがランドセルは6年間学校に行くときいつも子どもと一緒です。

 

そのため、今やファッションの一部となり、色も様々です。

 

色もトレンドがあります。

 

人気の色を男女で比較しますので、

 

ランドセル選びの参考にしてみてください。

 

 

まず、男の子に人気の色はあまり昔と変わらずブラック系です。

 

色味が似たブルー系も多いです。

 

それに加え、新しいトレンドでは指し色がサイドに入った型が注目を集めています。

 

男の子に人気のランドセルはコチラ>>ランドセル男の子.com

 

 

では女の子はどうでしょう。

 

実はブラック系は女の子にも人気です。

 

似た色味ではチョコレートのようなブラウン系が選ばれています。

 

女の子特有の人気色はラベンダーや水色などふわふわのパステルカラーです。

 

女の子に人気のランドセルはコチラ>>

 

 

お子様の性別によってトレンドや人気の形は違います。

 

色々比較することでベストなランドセルを一緒に探しましょう。

 

更新履歴